年中無休の安心診療ご予約はWEBにて
048-782-8789
埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-3 大宮DOMダイエー3F

小児皮膚科

小児皮膚科

小児皮膚科のイメージ写真

小児皮膚科では、赤ちゃんや乳幼児の皮膚疾患を専門に診察・治療いたします。
この時期のお肌は、まだまだ未熟であり、細菌や刺激物の影響を受けやすくなっています。
そのため、おむつかぶれ、アトピー性皮膚炎、あせも、とびひ、いぼ、水いぼなどの病気に罹りやすいのです。

当院では、様々な病変を改善するため、必要な治療を行なうのは当然ですが、それにとどまらず、お肌のトラブルを解決するためのアドバイスも行っております。
お子様の皮膚に何らかの異変・トラブルが生じた際には、お気軽にご相談ください。

このような症状の方はご相談を

  • オムツの当たるところに赤い発疹が出てきた
  • お尻の皮膚がただれている
  • 全身に小さな赤い発疹や水ぶくれが出来た
  • 皮膚にほくろ、あざ、おできがある
  • お口の中に発疹があり、痛そうにしている
  • 肌がジュクジュクしている
  • 肌にかさぶたが出来た
  • 髪をかき分けて頭皮を見ると、白いポツポツが付いている
  • 全身に小さい発疹があり、体温が上がっている
  • 発疹だけでなく、咳や鼻水なども見られる
  • 手のひらや足の裏に小さな水ぶくれが出来た
  • 皮膚を痒そうに掻いている
  • 虫に刺された部位が腫れ上がっている
  • 特定の食べ物を食べた後で発疹が出てきた など

小児によく見られる皮膚疾患

  • いぼ
  • 水いぼ
  • 乳児湿疹
  • おむつ皮膚炎
  • カンジダ皮膚炎
  • 虫刺され
  • かぶれ
  • あせも
  • とびひ
  • 小児性アトピー性皮膚炎
  • 手足口病
  • リンゴ病 など
▲ PAGE TOP